誰もが疑問に思った!?イスラム国の捕虜のオレンジ色の服の5つの理由

過激派組織「イスラム国」が湯川遥菜さんと後藤健二さんの動画を公開し、2億ドルの身代金を要求しました。YoutubeやTwitterを使った身代金要求は、イスラム国の特徴的な行動なのですが、必ずと言っていい程、動画に写るイスラム国の人は顔を隠し全身黒色の服を着て、拘束されている人はオレンジ色の服を着ています。それには明確な理由があったのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

理由1:イスラム国の人か、捕虜か区別するため

イスラム国の人達は、全身黒色の服を着ています。これは、宗教上、変更することができないため、黒色の服を着ています。同じように捕虜に黒色の服を着せると、イスラム国内で、捕虜との区別ができないため、黒色ではない服を着せます。これがオレンジ色である理由の1つ(黒色でない理由)です。

イスラム国

イスラム国のメンバー  (出典)高円寺パンディット

理由2:砂漠でオレンジ色は保護色だから

イスラム国の人は、海外の部隊から命を狙われます。自分達だけであれば襲撃を受けた場合、身を隠すことができますが、捕虜は両腕を拘束されているため、急な襲撃に対応することができません。また、ヘリコプターや偵察機が来た時も身を隠すことができません。

その際、オレンジ色は上空から見た時に、砂漠やイスラム圏の建物の保護色になるので、オレンジ色が使われています。

砂漠

オレンジ色に見える砂漠  (出典)Arata

理由3:初対面の人に最も声をかけてもらえるのが、オレンジ色だから

基本的に、イスラム国は外国人を身代金目的で拘束します。当然、外国人によっては、湯川遥菜さんのように意思疎通が取れない人も出てきます。長期間拘束すると、拘束された外国人は精神的に衰弱してしまいます。

また、移動の際に他のイスラム国のメンバーから無視されると更に精神が病みます。オレンジ色は、「ホンマでっか!?TV」の植木理恵先生曰く、最も声をかけられる色なので極力精神が病まないようにオレンジ色にしているのです。

植木理恵先生

ホンマでっか!?TVの植木理恵先生  (出典)芸能情報・おもてなしネットワーク

理由4:身代金要求の動画の際にイスラム国の人間が目立つようにするため

イスラム国の特徴として、Youtubeなどで身代金の要求を行ったりします。その際、今回の湯川遥菜さんや後藤健二さんのようにひざまずかせ、背景が砂漠の構図で要求します。この時に、最も目立ちたいのはイスラム国の人です。砂漠や捕虜より黒色の服が目立つように、オレンジ色にしているのです。

湯川遥菜と後藤健二

湯川遥菜さんと後藤健二さん  (出典)日刊時事ニュース

理由5:血の色が見やすいようにオレンジ色にしている

例えば黒色などの暗い色の服の場合、血が乾くと目立ちません。しかし、オレンジ色の場合、その服に血が付いているか付いていなかはすぐに分かります。どの服を捨てるか、どの服を洗濯し再利用するか判断するためにオレンジ色の服にしているのです。

イスラム国のオレンジ色の服の調達方法

私の友達の友達にイスラム国の司令官がいて、一昨日前に調達方法を聞いてもらいました。実はイスラム国は、オレンジ色の服をAmazonで買っています。1着あたり大体1,500円程度します。誰でも着れるように、サイズは一番大きなサイズをドバイで購入し車で運んでいるそうです。そのため、食費を含めるとある程度の身代金を要求しないと赤字になってしまうみたいです。驚きの事実ですね。

オレンジ色の服

オレンジ色の服  (出典)Amazon

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)