タバコのポイ捨ては驚きの方法で再利用されてる

日本において、年々喫煙者の肩身は狭くなる一方です。タバコにおいては、ここ10年程で2倍近い価格になりました。喫煙禁止の飲食店も多くなりました。屋外では喫煙スペースが設けられ、歩きタバコ禁止の条例もできました。しかし、それでも無くならないのは、タバコのポイ捨てです。車からポイ捨てする風景はよく見られますし、条例で禁止されているにも関わらず歩きタバコのポイ捨てもよく見られます。では、ポイ捨てされたタバコの吸い殻はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

毎日凄い本数のタバコがポイ捨てされている!

一般社団法人日本たばこ教会の調べによると、1年間にたばこは約2,000億本消費されています。現在の日本の人口が1億2,000万人程度なので、人口1人当たりにすると年間1,600本も消費している計算になります。これでも15年前に比べると、2/3まで減少したのですから、いかに以前はタバコの消費が激しかったかというのが分かります。

ポイ捨てされたタバコ

ポイ捨てされたタバコ  (出典)若葉 春の風

そんなタバコが路上にどの程度の本数、ポイ捨てされているかご存知ですか?実はその本数は年間150億本~200億本程度(嗜好品流通研究所調べ)と言われています。つまり1日あたり4,000万本~5,000万本がポイ捨てされているのです。数が多すぎてよく分からない量ですね。

あまりの量なので、ピンときませんね。

ポイ捨てされたタバコは集められて再利用される!

実は、ポイ捨てされたタバコには、タバコの葉がまだ残っている場合がほとんどです。そのため、タバコの葉の再利用のために、全国では毎日、路上のゴミ収集を行っており、ポイ捨てされたタバコが買い取られているのです。

ポイ捨てタバコ

ポイ捨てされたタバコの残量  (出典)江戸川時間

タバコの再利用会社の調べでは、ポイ捨てタバコには平均して正規のタバコの約35%のタバコの葉が残っています。従って、3本のポイ捨てタバコがあれば、正規のタバコ1本分のタバコの葉を確保することができます。

ポイ捨てタバコの買取価格は1kgで¥200!更に10kg毎にタバコ1箱が貰える!

新品のタバコは1本当たり約1gです。ポイ捨てタバコの重量の平均は約0.5gです。つまり1kgのポイ捨てタバコを集めるには、約2,000本のポイ捨てタバコを拾う必要があります。

ホームレス

永田さん(仮名)  (出典)tofugu

上野公園で長年ホームレスをしている永田さん(仮名)によると、「空き缶の収集に比べて、ポイ捨てタバコの回収は時間がかかる。だけど、10ポイント毎に好きなタバコ1箱貰えるのが本当に嬉しい。頑張れば1日あたり¥800位稼げる。」とのことです。(1kgで1ポイント付くポイントカードがあるらしいです。)

街の美化と、ホームレスの生活を安定させる良い取り組みですね。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)