【撤退】桃の天然水の撤退に隠された真実と今後

JT(日本たばこ産業株式会社)が、飲料製品の製造販売事業から撤退すると2015年2月4日に公表されました。ちなみに私は、撤退の話は12月下旬に知っていました。そもそも、JTが飲料商品の製造販売事業を行っていることを知らない人も多いと思いますが、清涼飲料の「桃の天然水」や、缶コーヒーの「Roots(ルーツ)」や、炭酸飲料の「爽快ビタミン」など認知度の高い飲料を世に輩出している事業です。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

飲料事業撤退の理由

JTが飲料事業を撤退する理由は2つと言われています。

1つ目の理由は、本業(たばこ事業)に集中するためと言われています。たばこ事業自体がたばこ税増税や、分煙化により下火にも関わらず、本業に集中というのはいささか理由としては曖昧な気もしますが…

2つ目の理由は、飲料事業が儲からないからと言われています。現在、飲料事業は年間10億円以上の赤字が続いており、業界10位(キリンホールディングスを除外すると9位)、シェアは4.3%程と苦戦していたためです。

桃の天然水に隠された真実

JTの9月の飲料事業撤退は確定です。消費者としては「桃の天然水」などの商品が存続するか無くなるかが一番気になる所です。

結論から言うと、「桃の天然水」と「Roots(ルーツ)」については現時点で、他社に譲渡することが社名も含めて既に決まっています。「爽快ビタミン」と「おしるこ」については、現在、譲渡する価格で交渉中です。

これは近々公表されることですが、「桃の天然水」は「桃の天然水」以外にもラインナップを増やして販売されます。その際、全ラインナップにイメージカラーが付くとの情報があります。

桃の天然水(ピンク色)

オーソドックスな桃の天然水です。パッケージが変わって、リニューアル販売される予定なのですが、見た目はやはりピンク色系のものになります。

桃の天然水

りんごの天然水(赤色)

りんご味がする天然水です。イメージが伝わりやすいようにロゴ部分を掲載しましょう。

りんごの天然水

ミドリムシの天然水(緑色)

ミドリムシの商品を手がける有名企業と共同でミドリムシの天然水という名称の商品を販売する予定があります。ただ、ミドリムシという名称は、購入意欲を削ぐため商品名は変わる可能性が高く、商品名について協議中のようです。

レモンの天然水(黄色)

レモン味の天然水です。酸味があり、夏に合う飲料になります。

俺の天然水(黒色)

某企業と共同で、大きなサイズの天然水が出るようです。男性をターゲットにするという情報が入っています。

マスカットの天然水(黄緑色)

マスカットが好きな人は多いので、ラインナップに加わります。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)