驚きの統計結果!競馬の馬連に関する不思議な法則

元会社員が競馬の予想ソフトを改良して大儲けし、税務署がはずれ馬券は経費にしないと言った事件がありましたね。結果としては、裁判所がはずれ馬券を認定し丸く収まりましたが、誰しもが気になるのがその元会社員が自作した予想ソフトです。ちょっとしたルートで、この予想ソフトについての情報を得ていますので、競馬に関する情報を含めてご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

競馬予想ソフトは風水の結果も取り込んでいた!

実は、この元会社員の改良前の競馬予想ソフトは、風水の情報を取り入れています。

競馬予想ソフトは、どうしても確率の揺らぎがあり、最後の判定段階で情報が足りなくなります。その際に、風水の結果を入れて成り立っています。風水とは不思議なもので、少なからず正しいもののようなので、風水の結果が取り込まれているのが事実です。

但し、結果としては微々たるもので、アメリカの統計学者J.Honkyによると、風水の結果は総合的結果に対して2.67%影響すると言っています。

最後に迷ったら、風水の結果を用いると良いでしょう。

競馬

馬連を3-7で買い続けるのが最も効率的!

競馬の馬連(普通馬番号二連勝複式勝馬投票法)において、最も効率的な掛け方は、3-7で買うことです。

どの馬連が最も効率的かというのを統計にすると、世界中で何故か同じ結果になります。それは3-7の期待値が最も高くなるという結果です。

おまけに、3-7や1-5のように、間を3つ空けた状態の並びが最も勝率が高いのです。

不思議ですが、統計学に基づくとそういった結果になります。

公営ギャンブルとしての競馬

競馬は、20~30%の控除率があります。つまり、普通にやれば100万円が70~80万円になってしまいます。

しかし、夢があるのも事実。また、単純に馬が好きな人もやっていたりします。

くれぐれも、競馬で稼ぐんだというマインドにならないように、ほどほどにしましょう。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)