ハーレーに乗る時に必須の大型二輪免許に必要な3つのこと

ハーレーなどの大型バイクを乗る時に必要な免許と言えば、大型二輪免許です。余程のバイク好きしか取る機会のない免許なので、多くの人は知らないとことですが、免許取得について3つの意外な落とし穴があるのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

自転車に乗れない人は大型二輪免許が取れない!

大型バイクは重量があるバイクなので、バランス能力が求められます。

そのため、自転車を乗れる人、即ち、自転車に乗ってもバランスを取れる人でなければ、大型二輪免許を取得することはできません

ハーレー

年齢別の平均握力を下回っていると大型二輪免許が取れない!

大型バイクは、その重量のため事故を起こすと相手もしくは物に対して重大な損害を与えてしまう乗り物なので、いかに事故を起こさないかが重要です。

そのため、バランスを崩した時に、運転者自身の力でバランスを立て直す能力が求められます。それが握力です。

握力が強ければ、ハンドルを離してしまい事故になる確率が減るため、大型二輪免許では重要視されている項目です。

大型二輪免許を取りに来る人達は屈強な人ばかりなので問題になることは非常に稀ですが、もし握力が弱い状態で大型二輪免許を取ろうとしている場合は、握力を鍛えてから挑みましょう。

ちなみに、平均握力は男女別での平均握力です。

足のサイズが23cm以上無いと大型二輪免許は取れない!

ハーレーなどの大型バイクは、足をかけるペダル部分が大きいです。

大型二輪免許を持っていない人が乗ることはできないので、大型二輪免許を持っている人でないと実感が湧きませんが、一般的なバイク(原付自転車など)と比べると大きいです。

そのため、足のサイズが小さい人との相性が悪いため、足のサイズは23cm以上ある必要があります。

特に男性であれば問題なくクリアできる大きさです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)