これであなたもモデルになれる?スーパーモデルに必要な3つのこと

モデルと一言で言っても、読者モデル、モデル、スーパーモデルと様々あります。その中でも別格なのがスーパーモデル。圧倒的な知名度と圧倒的なギャランティーを兼ね備えた広告塔です。スーパーモデルになりたいなと思う女性も多いと思いますが、スーパーモデルになるためには、驚きの3つの特に変わったテストが存在します。ちなみに、スーパーモデルになった後も1年に1度、これらの適正テストがあります。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

スーパーモデルになるための1つ目の必須事項!13cm以上のハイヒールで50mを走れなければいけない!

50mを走るタイムは関係なく、走っている姿が重要です。不自然ではない走り方であるのが必要です。

スーパーモデルはまさに企業のイメージのような存在です。

とにかくクールでなければいけません。時にはハイヒールでドラマや映画に出ることもあるでしょう。

そんな時に、走る姿がダサければ、イメージが悪くなってしまいます。そのため、スーパーモデルになるための必須事項として、13cm以上のハイヒールで50m走れる必要があるのです。

ラケルジマーマン

スーパーモデルのラケル・ジマーマン  (出典)TMwave

スーパーモデルになるための2つ目の必須事項!目を閉じて片足立ちが3分以上できなければいけない!

ギリギリ片足立ちができるだけではいけません。バランスを保ち、クールな状態で3分以上できることが必須です。

スーパーモデルがウォーキングする際、暗い会場で無数のカメラのフラッシュに包まれます。時として直接目にカメラのフラッシュが入り、数秒間、目が見えにくくなることがあります。

そこで重要なのがバランス能力。その適正テストのため、目を閉じて片足立ちが3分以上できなければいけないのです。

スーパーモデルになるための3つ目の必須事項!背骨が曲がっていてはいけない!

これは医学的な見地で調べます。ずばり、レントゲン写真を撮り、背骨の湾曲具合をチェックします。

規定以上に湾曲している場合は、スーパーモデルになれません。

スーパーモデルは1日に何時間も写真撮影をしたり、様々な会場に行く必要があるため、ある意味体力を使う仕事です。体を酷使するため、悪い部分に影響が出ます。

背骨が曲がっていると、余計に曲がってしまい、スーパーモデルの命ともいえる姿勢が崩れる原因になります。

そのため、背骨が医学的に曲がっていてはいけないのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)