プロミュージシャン御用達の歌がうまくなる基本的な方法

歌がうまくなりたいと思っている人は多いはず。近年はカラオケなどで歌を披露する機会が増えましたからね。歌の練習無しで、簡単にできる歌の上達方法を教えます。あくまで基礎的なことなので、この上達方法と歌の練習を併用するのが肝心です。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

食事の時、噛む回数を多くすると歌がうまくなる!

歌が上手いで共通して言えることは、口がよく動くことです。そのため、日々、口を動かす練習をしなければいけません。

最も簡単なことは、食事の際に噛む回数を増やすこと。1口に対して30回以上は噛むと良いでしょう。

こうすることによって、音域が広がります。具体的には高音が出せるようになるのです。大体、半オクターブ~1オクターブ高い音が出せるようになります

プロのミュージシャンも行っている練習法の1つです。

カラオケ

あっかんべーを普段から繰り返すと歌がうまくなる!

あっかんべーの中で重要なのは、舌を思いっきり出すということです。

普段、我々は舌を出す機会はほぼありません。そのため、舌の根本の筋肉が硬直してしまっており、歌を歌う時に舌の可動域が悪くなります。

しかし、普段から舌を出す練習をしていると、舌の可動域が上がり、音程を取りやすくなるため歌がうまくなるのです。

ちなみに、歯を磨く時に、舌を出して舌も磨けば、あっかんべーと同じ効果が得られます。

首の後ろにホットタオルを当てると歌がうまくなる!

冬の寒い日に屋外で歌を歌ってみたことはありませんか?歌ったことある人なら分かりますが、寒い場所では思ったように声が出ません。

これは、寒さで声帯がうまいこと動かないためです。そのため、声帯がよく動く程、歌はうまくなります。

声帯を直接温かくすることはできないので、間接的に暖かくします。具体的には、首の後ろを温めます。喉ではなく首の後ろというのがポイントです。

この部分を温めると、声帯がよく動くようになり、結果として高音も低音も出やすくなり、歌がうまくなるのです。

カラオケボックスなどでは、ホットタオルではなく暖かいおしぼりが有効です。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)