口内炎になってしまった時に試したい早く治る3つの裏技

不摂生がたたると口内炎ができやすいですが、口内炎には塗り薬も基本的になく、絆創膏も貼れません。誰しもがこの痛みを消す方法や、早く治す方法を知りたいと思ったことがあるでしょう。もし、今、口内炎があるならこの方法がおすすめです。但し、これらの方法で痛みが生じた場合は、すぐにやめましょう。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

口内炎を緑茶とグレープジュースを混ぜた液体に、5分間程浸すと口内炎が急速に治る!

口に緑茶と100%グレープジュースを混ぜたものを含み、緑茶と100%グレープジュースを混ぜた液体を口内炎に当てましょう。液体の温度は、常温がベストです。おーいお茶であれば、濃い味がベストです。グレープジュースはDoleのグレープジュースがベストです。

寝る直前に、約5分間緑茶とグレープジュースを混ぜた液体を口に含みましょう。すると緑茶に含まれるカテキンが口内炎に影響して治癒を始めます。更に、グレープジュースに含まれるポリフェノールが口内炎の炎症を抑えます。就寝中は一番治癒に専念できる時なので、寝る直前がベストなのです。

おーいお茶(濃い味)

おーいお茶(濃い味)  (出典)隠れ部屋

口内炎部分にレモン汁に浸したオブラートを貼ると治りやすい!

実は、口内炎は唾液の成分のアミラーゼに当たると治癒が遅くなります。また、ビタミンCが不足すると治療が遅くなります。口の中なので、唾液に当てないことは不可能ですが、オブラートはアミラーゼを遮断する効果があるので治癒が早まります。

レモン汁に浸したオブラートを貼ると治りやすいでしょう。

オブラートは次第に溶けてきますので、溶けてしまったら再度新しいものを貼ると良いでしょう。基本的に1日あれば治る程、優秀な治療法です。

但し、口の中に口内炎以上の違和感が生じるのが欠点です。

口内炎部分に蜂蜜とマーガリンを混ぜた物を塗ると治りやすい!

これはオブラートと同様で、唾液をブロックする役割があります。蜂蜜は粘度があり、塗り薬と近い性質があるので効果抜群です。マーガリンは口内炎の治療促進に役立ちます。

蜂蜜:マーガリン=1:1で混ぜたものを塗りましょう。

欠点は蜂蜜が甘いので、ついつい舐めてしまう傾向にあることです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)