銀行口座を作る時にチェックされる驚くべき3つ真実

銀行口座を開設する際、少し待たされます。銀行の混み具合や、銀行によって異なりますが、基本的に15分以上待たされます。実はあのタイミングで銀行は、様々なことの調査をしているのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

銀行口座を開設する際には、逮捕歴や指名手配の照会を行っている!

指名手配犯は逃亡資金に困る傾向があるため、警察は銀行に対して徹底的に指導しています。そのため、指名手配犯が銀行口座の開設に来た場合、即時、通報するシステムが銀行の基幹システムには組み込まれています。

また、逮捕歴についても照会がかけられます。近年では、振り込め詐欺などの犯罪と銀行の関係性が大きいため、振り込め詐欺に関係した内容のことは重点的に照会されます。

もちろん、この場合、情報が合致すれば銀行口座は開設できません

通帳

通帳  (出典)フォト蔵

銀行口座を開設する際、国税による資産差し押さえ対象者であるか照会をしている!

国税が資産の差し押さえをしようとしている相手に対して、銀行から情報提供を受けています。

銀行口座の新規開設において、銀行から提出される情報と、国税が要注意人物リストにあげている人が一致すれば、国税はしばらくその対象者を泳がせたあと、銀行口座の差し押さえを行います。

この場合は、基本的に銀行口座の開設ができます

銀行口座を開設しようとしている銀行と、開設希望者の自宅住所のチェックを行っている!

銀行口座を開設しようとしている銀行が、その人物の自宅から10km圏内であれば問題ありません。しかし、不自然に離れている場合、銀行口座売買の疑いが生じるため、要注意人物として扱われます。

銀行口座売買に使われる可能性があるため、その銀行口座の入出金についてはチェックが入るようになります。

不自然に複数の振込名義から入金があると、警察に照会をかけるシステムが現在、導入されています。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)