沖縄県の成人式にある世にも奇妙な3つの驚きの風習

20歳以上の人であれば、ほとんどの人達が成人式を経験したことでしょう。男性はスーツか袴、女性は振り袖が一般的です。それ以外の物を持っていくことは基本的にありません。しかし、沖縄県の成人式は実に特殊なのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

沖縄県の成人式には印鑑登録証明書が必要!

古くから、成人式とは成人を認める儀式でした。

そして成人とは独り立ちを表し、自分の印鑑を必ず持たなければならないというしきたりがありました。そのため、正月に自分の印鑑を依頼し、成人式の時に印鑑登録証明書と自分の印鑑を受け取っていたのです。

時代は代わり、100円均一でも既成品の印鑑が買え、印鑑登録もすぐにできるようになりました。そのような時代の変化に沿って、このしきたりは廃れていきました。

しかし、沖縄では風習としてこのことが根付き変化し、成人式には印鑑登録証明書を持っていかなければいけないという風習になったのです。(沖縄県の約30%の場所にこの風習は根付いています。)

沖縄県の成人式

沖縄県の成人式  (出典)Pigg動画ch

沖縄県の成人式には保護者の同意書が必要!

沖縄県の約20%の場所では、成人式に保護者が同伴し、成人同意書に記名と捺印をします。

父親と母親は強制的に出席しなければいけないので、この地域の親は大変です。

同意書は役所で半永久的に保管されるという徹底ぶりです。

沖縄県の成人式には母子手帳もしくは父子手帳が必要!

沖縄県の約10%の場所では、成人式に母子手帳もしくは父子手帳を持っていく風習があります。

これは、アメリカにこのような風習があるためで、戦後にその風習を取り入れたからではないかと言われています。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)