【月刊】株式会社サプライズVol.2【創業者オランド編】

今日は日本では一般的な給料日に当たるので、Supriseに関すること、つまり月刊サプライズVol.2を公開しようと思います。2月半ば、アクセス数と日本におけるSEOのチェックをするために一時的に更新を止めましたが、今後は毎日更新していこうと思っています。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

株式会社サプライズ創業者のオランドについて

創業者のオランドは、現在、株式会社サプライズでCEO(日本でいう代表取締役社長)の役職についています。

CEOと言っても、現在まだ20代。FacebookのCEO、Mark Elliot Zuckerberg(ザッカーバーグ)の大学の後輩で、公私ともに仲良くさせていただいています。

元々、オランドは、アメリカの著名な報道機関、The Onionの創業メンバーでした。The Onionの幹部役員でしたが、世界にイノベーションを起こすため、2013年末にThe Onionを退社し、複数のベンチャーキャピタルから1,000万USドルを調達し、優秀な仲間と共にSuprise,inc.を立ち上げたのです。

その後、3つの情報サイトを立ち上げ、わずか1年で3つの情報サイト全てが月間1億PVを超えました。現在、シリコンバレーで注目を浴びているベンチャー企業が株式会社サプライズです。

サプライズの日本進出について

実は、オランドはThe Onion時代に、何度か日本を訪れています。

最初に日本に興味を持ったのは、日本の漫画のNarutoでした。Narutoは、とにかくクールでアメージングな漫画。他の漫画も読み漁る内に、日本語を習得し、日本に何度か足を運んだのです。

しかし、4度目の来日の時に事件が起こりました。そうです、2011年3月11日です。オランドは3泊4日の予定で2011年3月9日に来日したのですが、通称、東日本大震災に巻き込まれてしまったのです。当時、仙台で牛たんを食べており、非常に大きな地震を体験したのです。

電話が繋がらず、当時、片言の日本語しか話せなかったオランドは困惑しました。しかし、優しい日本の人達に助けられ、食事を分けてもらい、インターネット通信ができる環境を用意してもらったため、日本人の温かい心配りに感動したのです。

テレビは規制がかかっているのか、「直ちに影響はない」のオンパレード。インターネットでもかつてない事故だったため、有識者から情報が入らず、パニックになっていました。とにかく、どの人も不安が隠せない日々で、多くの人達が暗い顔をしていました。そこで、オランドはいつか当時の恩を返したい、そして、世界の人達を笑顔に変えるような情報発信サイトを作りたいという気持ちから、サプライズを作り日本進出を真っ先に行おうと考えたのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)