わさびが嫌いな人もこれで安心!わさびの刺激が無くなる驚きの裏技

寿司や刺し身のお供と言えばわさびです。わさびのつんとした刺激が好きな人も多いと思いますが、さび抜きで寿司を注文する人がいるように、わさびのつんとした刺激が苦手な人もいるのが事実です。では、このわさびのつんとした刺激を消すことは可能なのでしょうか?実は、可能です。今回はその3つの裏技をご紹介します。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

わさびを食べる直前に炭酸を飲むとわさびのつんとした刺激が消える!

人間の舌には特殊な能力が備わっています。それは、似たような味を連続して食べると、後から食べるものの味の効果を弱くするというものです。

例えば、シュークリームは食べると甘いです。しかし、缶コーヒーを飲んだ直後にシュークリームを飲むと、シュークリームは甘くないと感じます。これが、連続したものを食べた時の効果です。

人間の脳は、わさびのつんとした刺激と、炭酸を似たような味だと判断します。そのため、炭酸を飲むとその直後に食べるわさびのつんとした刺激は消えるのです。

わさび

寿司の上の大量のわさび  (出典)ロケットニュース24

レモン汁を鼻のてっぺんに塗るとわさびのつんとした刺激が軽減される!

わさびは、人間の舌と鼻に刺激を与える食べ物です。舌に与えた刺激を、鼻に与えた刺激で増幅しているのです。従って、鼻に与える刺激がなくなれば、わさびのつんとした刺激は消えます。

そこでレモン汁の登場です。

実は、人間の鼻は急所です。鼻のてっぺんを壁にぶつけた時に、ものすごい痛い思いをしたことある人は多いでしょう。そのため、非常に敏感に作られています。そして、鼻の臭覚と、触覚が非常に近く、レモン汁を鼻に塗ると、人間の脳は鼻に強い刺激がきたと感じます

従って、その直後にわさびを食べると、わさびのつんとした刺激が限りなくなくなるのです。

両耳に指を突っ込み、息を止めるとわさびの刺激が消える!

もし、あなたの寿司に、誰かのいたずらで大量のわさびが入っていて、誤って食べてしまったら・・・。

困りますね。泣きながら食べるか、吐くかどちらかしかないでしょう。

そんな時は、両耳に指を突っ込み、息を止めましょう。どちらか片方だけではだめです。必ず、両方行わなければいけません。

すると、人間の脳は、生命の危機ではないかと、身体的に酸素を使わないように準備をします。最初に遮断されるのが味覚なので、わさびのつんとした刺激が無くなるのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)