睡眠中、怖い夢を見なくなる簡単な4つの方法

嬉しい夢、楽しい夢、怖い夢、不思議な夢、悲しい夢など、寝る時に見る夢の中で見たくない夢と言えば怖い夢でしょう。もし、怖い夢を見なくなる方法があるとすれば実践してみたくないですか?今回は、怖い夢を見なくなる4つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

寝る前に大声で笑うと怖い夢は見ない!

夢は、寝る直前の言動を反映しやすいと言われています。

そのため、寝る直前に大声で笑うと大脳が刺激され、楽しい夢を見る確率が上がります。そのため、結果として怖い夢を見なくなります。

お笑い番組などがあれば見ると良いでしょう。

睡眠

枕の下に折り紙で折った鶴を置くと怖い夢を見ない!

千羽鶴の既成品が通販で売っていたりしますが、既成品では効果がありません。

寝る直前に自らが鶴を折らなければいけません。折り紙を折っているという単純作業が重要です。

単純作業は、脳を落ち着かせる効果があり、その結果、当たり障りのない夢が見られるのです。

枕の色を明るめの青色にすると怖い夢は見ない!

これは色による効果です。

基本的に、興奮する赤い色を寝る前に見ると、怖い夢が見やすくなるというハンブルク大学ロイド博士の研究結果があります。逆に、冷静になる青い色を寝る前に見ると、怖い夢が見にくくなります。

そのため、途中で目が少し覚めても必ず見る枕の色を青色にすると、効果抜群なのです。

足の指を開いて寝ると怖い夢は見ない!

足つぼの反射区において、脳に関連した反射区は両足の親指です。

足の指を広げる

足の指を広げるグッズ  (出典)yoga=lifefeel

この親指に刺激を与えることが重要です。足の指を広げるグッズで広げると効果が出るでしょう。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)