上級保育士になるのに意外と知られていない3つの条件

子育てにおいて、近年問題になっていることは、保育園に入れず待機児童になってしまうということです。都市部においては、待機児童問題や、私立の保育園がかなり高額という問題があります。私立の保育園になると、月間8万円程するようで、働いている両親にとっては、悩ましいことです。そんな保育園で働いている保育士について。アメリカの保育士は、実は意外に厳しいルールがあるのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

上級保育士になるには、必ず兄弟もしくは姉妹がいなければいけない!

アメリカ合衆国では、普通の保育士と上級保育士が存在します。何が違うかというと、一流の保育園で働けるかどうかという違いや、権限が異なります。

日本人はあまりピンと来ないかもしれませんが、アメリカ合衆国やカナダ、ヨーロッパ圏では子供の扱いが別格です。児童ポルノにはとても厳しいですし、子供が病気になったり熱が出てしまった場合は、親は真っ先に早退しますし、上司もその親を無理にでも帰宅させます。また、拳銃を撃って殺してから金を奪うような治安の悪い地区でも、小さな子どもが複数いるから助けてと強盗に言うと、強盗は99.9%その人を殺しません。むしろ、「命を大事にしろよ」なんてアドバイスしたりします。

保育園

そんな、大事な子供を預ける相手、つまり保育士は、アメリカ合衆国では、素晴らしい仕事として認識されているのです。

そして、兄弟や姉妹がいた人は、保育士の素質があるとされるため、上級保育士になるには、兄弟姉妹がいることが必須になっています。

上級保育士になるには、髪を染めていてはいけない!

日本人は、よく西洋人に憧れて、髪の毛を金髪に染めたり、茶髪に染めたりします。これは、アメリカ人やカナダ人やヨーロッパ人との間でよく話題になる「日本人のおかしな所」の1つです。

アメリカ合衆国では、髪の毛を染める人は、ファッション関係者か、ゲイか、レズのいずれかです。(ちなみに、眉毛を細くしている男性はゲイだと思われます。)アメリカ合衆国では、生まれた時の肌の色、髪の毛の色、瞳の色に誇りを持っているため、それらを変える場合は、おかしな人だと思われます。

つまり、髪の毛を染める人はおかしな人という認識があり、そんなおかしな人に自分の子供を預けたくない親が大多数なため、上級保育士になるには、髪を染めてはいけないのです。

上級保育士になるには、顔や耳などにピアスの穴を開けてはいけない!

ピアスは体に比べて硬いため、危険です。

ピアスが、子供の目に当たったりすると、訴訟大国アメリカでは、莫大な損害賠償請求をされます。

そのため、洋服で隠れるヘソなどは別ですが、上級保育士になるには、耳や顔にピアスをしてはいけない決まりになっているのです。

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Suprise(レクタングル:大)